treetreetreeallowのブログ

日常、感じたこと、考えたこと、など、少しずつ発信していきたいと思っています。

大勢をみる

46年ぶりの寒い10月になった。この秋、選挙となった。48回目の衆議院選挙である。

勝手ながら、大勢を眺めてみたい。

あくまでも中庸を美とする。


解散日 2017年9月28日 正午

丁 酉

己 酉

戊 午

戊 午


(傷官格)


それぞれ支持勢力に後押しされた三つの土(2戊1己)が天に並び、二酉金へ流れる。


物語なら初めに終わりがあるという。この日の八字が象徴しているようにも読める。

読者の自由だ。主題は、読後に読者が感じたことにある。


単純にみると3が2になる。半々なのか、割合は数値変化させてみるといい。

公示日 2017年10月10日午前0時

丁 酉

庚 戌金

庚 午

丙 子

(陽刃格)

午前0時ネットで党首会談実況もあり、日付が変わった時点を取ってみた。

金旺の月、庚午日を選択している。

金が強いのは、素人でもわかる。

気になるのは、辛司令で、陽刃であること。諸刃の剣を思い浮かべる。


投票日 2017年10月22日午後8時

丁 酉

庚 戌土

壬 午

庚 戌


秋の土用入りは本日20日14:06

同じ月でも、戌土用に変わっている。最終盤戦までわからないとはいうが、この季節はまさにそうである。来月になると冬で、旺が移っていく最中なのである。


22日は壬午日。八字の流れは壬日干に気が集まっている。

食傷の木がない。

持つ力量は、季節柄決まっている。この日の強弱を、相対的な強さ順に並べてみる。 金>>>土>水、火>木


9月末の国会召集からすると、選挙や内閣改造の時期が似通ってくるのは仕方ないかもしれない。

季節を考慮して、スローライフしていると、季節ごとにかなり強みが違うことにも気付く。

いい時を選ぶのも、人なのかもしれない。